元気で生産性の高い職場創りを支援する 一般社団法人 日本人事・組織開発協会

グローバルな事例に学び、新時代の人事・組織開発プロフェッショナルを育てるコミュニティ

ホームブログ ≫ 「テレワーク環境で成功するための欧米型チームマネジメン... ≫

「テレワーク環境で成功するための欧米型チームマネジメントの秘訣 パート1」

Fotolia_5319272_XS
コロナ禍の影響で、テレワークは世界中で新たな働く形態として定着しつつあります。在宅勤務者と同様に多くの日本の管理者もいかに部下を活用して生産性を高めるかに大きな戸惑いを感じています。最近の米国の調査で確認したことは、(1)米国のテレワーク体験者は6割を超え、(2)コミュニケーションと意思決定の質が昨年よりも向上し生産性が高まったこと、そして(3)大多数の企業でテレワークを続行することでした。
 
今回は読者の皆様がテレワーク環境で組織やチーム成果を高める実践的な成功要因と実践方法をひとつご紹介します。
 
パワー・アイデア:
  • チームの生産性を高めるエンパワメント
 テレワーク環境で生産性を維持・強化しているチームとそうでないチームがあります。ギャラップの調査でも判っていることは、「マネージャーの質の差が、テレワーク環境での成果に大きな差を生む」ということです。
 
在宅勤務になって生産性を下げているチームには様残な原因がありますが、主要な原因のひとつにトッダウンでマイクロマネジメント(こと細かく監視し指示する)の強いマネージャーの存在があります。
 
逆に、生産性を維持強化しているチームには、ほとんどの場合、メンバーを信頼し、仕事を任せているリーダーがいます。
 
心理学の研究でも判明していますが、ほとんどの人間は、認められ、任せられると、自尊心と自信が高まります。
 
メンバーがいつも周りにいないテレワーク環境では、自律型のプロ人材が必須となります。ということは、リーダーの役割の一つは、自立型プロ人材を増やす、強化するということがあります。
 
自律型プロ人材にメンバーを強化するためには、エンパワメント、即ち、メンバーに仕事を任せることが必須です。具体的には、
 
  • メンバーにゴールを考え決めてもらう。
  • メンバー自身で具体的な計画を作成してもらう。
  • 実行し達成してもらう。
  • 適時にフィードバックとコーチングで支援する。
 
もし、今、トップダウン型リーダーでしたら、ぜひ、エンパワメント型リーダーシップを実践してみてください。着実に、チームの士気と生産性は向上していきます。
 
もちろん、1回の対話で変化を期待するのは無理ですので、毎週、各メンバーにエンパワーするための対話の準備をし、確実に実行していってください。
 
2020年07月10日 17:32

〒105-0013
東京都港区浜松町2丁目2番15号
浜松町ダイヤビル2F

協会概要はこちら

サイドメニュー

モバイルサイト

一般社団法人 日本人事・組織開発協会スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら