元気で生産性の高い職場創りを支援する 一般社団法人 日本人事・組織開発協会

グローバルな事例に学び、新時代の人事・組織開発プロフェッショナルを育てるコミュニティ

ホームブログ ≫ 危機環境でなぜマインドフルネスが重要か!? ≫

危機環境でなぜマインドフルネスが重要か!?

Good
マインドフルネスは、医療現場から痛みの取れない、また、ストレス症の方の苦しみの軽減のために米国で活用されはじめ、そして、メンタルヘルスの改善のために、さらに学習障害の問題を抱える教育現場にも活用が始まり、近年ではプロスポーツ業界からグーグルなどのグローバル企業でもメンバーと組織のパフォーマンスの強化のために活用されています。

マインドフルネス強化の活動や習慣の効用は、「集中力を高める」、「客観的に物事を見てより良い決定を行う」、「感情的(非理性的な)反応をしない」、「ストレス耐性を作る」、「ウェルビーングを高める」などがあります。今起きているコロナウイルスの影響でストレスと鬱を感じている方が激増しています、マインドフル・プラクティスを生活習慣の中に少しずつ取り入れていけば、より平常心で日々を送ることができるようになります。

誰でもいつでもできる簡単なことを2つご紹介します。一つ目は、深呼吸です。体中に酸素と栄養を送るための毎日している呼吸ですが、このマインドフル・プラクティスでは、100%呼吸に意識をおいて、大きく吸って、しっかり全部吐き出すことです。ゆっくりと行うこと、100%呼吸に意識を置くこと、100%吸い込んで、100%吐き出すように行うことが重要です。2分間で10回でも結構です。免疫力が高まります。

二つ目は、ポジティブ・ジャーナリングです。毎日の終わりに今日あった良かったこと・感謝したいことを書き記すことです。マスコミやSNSでは暗いことばかりを取り上げていますが、これは、自分自身の現実には何も起きていなくても、着実に私たちに不安感を募らせ、希望を無くさせるものです。でも本当は私たちには、毎日、何かいいこと、感謝できることがいくつかあるはずです。例えば、今、生きていること、誰かの役に立てていること。。。毎日、1回振り返り、良かったこと・感謝したいことを一つ書くだけで結構です。ポジティブな気持ちで一日を締めくくれます。

この簡単な2つの習慣を、多くの人に実行してもらって、心身健康な人が増えることを祈念しています。まずは、皆さんがこの簡単な2つの習慣を始めてみてはいかがでしょうか?

追伸:私もマインドフル呼吸と感謝の習慣を初めて20余年経ちます。病気もなく、心の折れることのない日々を過ごせています。マインドフルを世界に広げる人材としくみを構築する米国「マインドフルスクール」を卒業しますので、もうすぐマインドフルプラクティスを広げるための活動も広げていきます。
2020年04月18日 18:47

〒105-0013
東京都港区浜松町2丁目2番15号
浜松町ダイヤビル2F

協会概要はこちら

サイドメニュー

モバイルサイト

一般社団法人 日本人事・組織開発協会スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら