元気で生産性の高い職場創りを支援する 一般社団法人 日本人事・組織開発協会

グローバルな事例に学び、新時代の人事・組織開発プロフェッショナルを育てるコミュニティ

ホームブログ ≫ 新型コロナウイルスにリーダーはいかに対応すべきか? ≫

新型コロナウイルスにリーダーはいかに対応すべきか?

Fatigue
新型コロナウイルスはすべての企業・組織に対して大きな影響を与えています。グローバル世論調査企業、ギャラップ社のこれまで世界に大影響を与えた「オイルショック」「9.11」「ITバブル崩壊」「金融崩壊」などの調査化から判明した「危機状況でメンバーがリーダーに対する期待」を発表しました。

メンバー/社員がリーダーや経営陣に望むことは4つ:信頼、思いやり、安定、希望。

1)信頼:まずは、リーダーが社員やメンバーを信頼すること。社員の意思や行動を信頼し、受け入れること。
2)思いやり:組織(メンバー)や社会に起きている状況を理解し、思いやりを示すこと。
3)安定:混沌とした状況を平常に戻すためのメッセージ、そして、しくみを創り、安定感を感じさせること。
4)希望:危機感を煽るのではなく、社員の気持ちを前向きにするように、希望を持ち、明るいビジョンを示すこと。

そのためにリーダがすべきことには、以下のようなことが挙げられます。
(1)明確なビジョンを描き、示すこと
(2)期待値を具体的に示すこと
(3)社内外で起きていることを透明性をもって伝えること
(4)メンバーのウェルビーングに関心を持ち、ケアすること
(5)社員がソーシャルディスタンスをとるように徹底していること

皆さん/リーダーは、メンバーをこの混沌とした状況の中、どのような言葉と行動で、組織に信頼・思いやり・安定・希望を醸成しているのでしょうか?

 
2020年04月08日 20:38

〒105-0013
東京都港区浜松町2丁目2番15号
浜松町ダイヤビル2F

協会概要はこちら

サイドメニュー

モバイルサイト

一般社団法人 日本人事・組織開発協会スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら